珈琲豆専門店のブログ  珈琲や珈琲豆について  写真も撮ってます


by kazuey4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:コーヒー豆知識( 10 )

コ-ノ式

今日は
個人でコーヒー講座を受けたいとご希望のお客様に
店内で簡単ワンポイントレッスン的なものをやりました


お客様はかなりの上級者
コ-ノ式のドリッパーをご使用なので
どうしたら蒸らしの時点から出来あがりまで
3分で美味しく淹れられるかが問題点でした


答えはドリップポットから出るお湯の細さ
加減を調整出来れば
問題は解決出来そうな感じでした。


d0092963_15314370.jpg

円錐 コ-ノ ハリオ(写真はハリオです)
カリタ
メリタ


コ-ノやハリオは早く抽出しすぎて
コクのない 厚みのない味わいになりがちで
けっこう難しいです


それぞれドリッパーのメーカーによって
淹れる時間の長さ、粉の量なども含め
微妙に淹れ方が違います


疑問が多い方は是非お尋ね下さいね
[PR]
by kazuey4 | 2012-05-31 15:32 | コーヒー豆知識

講座をやっていて
一番多い淹れ方の間違いは
ドリッパーにペーパーフィルターをセットして
珈琲を入れる時
ペーパーに付いた粉を
お湯で根こそぎ落とす淹れ方です

意味がわかりますでしょうか?

ドリッパーにペーパーフィルターをセットして
粉を入れ、お湯を注いでいくと
ドリッパーの壁に珈琲の粉が付きます
ペーパーに直接お湯をかけないで上手くドリップすると
こうなります

天と地の差くらい、味に違いが出ます

前者の方は苦み・えぐみ・渋みがあり
特に冷めたら飲めない程まずい味わいになります

詳しくはお店で聞いて下さいね
[PR]
by kazuey4 | 2012-05-19 12:21 | コーヒー豆知識

メンテナンス

12年間使っている焙煎機
定期的な掃除はしているものの
モーターが寿命になったり
ベルト交換だったりと
メンテナンスが必要
今日は、気になっていた部分を交換していただいたので
安心してまた焙煎が出来ます
d0092963_17462697.jpg

今日もいいお天気でしたね
そうそう最近
時々なんですが火曜日の夜はプレモルの日になっています
やっぱり美味しいなぁ~(頑張っていない時は発泡酒です)
d0092963_17531482.jpg

注:ビールのグラスに氷が入ってますがそうなんです・・・
  冷えていても氷入れて飲むんです
[PR]
by kazuey4 | 2011-10-21 17:57 | コーヒー豆知識

挽き方と分量

人気blogランキングへ
一日一回クリック↑してね
高校野球、雨で延期ですね


 最近多いのが
本当はマイルドなコーヒーに仕上がるはずの豆なのに
とても苦かったという話。

 逆にいつも豆のままでお買い上げいただいているお客様から
今回は挽いてくださいと言われお渡ししたら
後日、いつもの豆と味が違って軽かったと・・・
普段 かなり細かく挽いてコクと苦味を出して飲んでいたのでしょう。

 「飲む分だけをその時にミルで挽いて飲む」
香りが良くて新鮮さも保てるのでおすすめです
しかし問題は挽き方の度合いです
細かすぎると苦味が 粗すぎるとコクも味もない
使う器具によって適度な粗さがあるのです。
是非、サンプルを差し上げますのでご利用下さい。

また、量も目分量という方が結構いらっしゃいます。
決して安い珈琲ではないので、大事に丁寧に淹れてやって下さい。
美味しい珈琲が飲めるよう願っております。


ところで当店の「ベンジャミン」よ
きみはどこまで大きくなるつもりなの?
葉をカットしてもカットしても無限に広がっていく
ついこの前カットしたばかりなのに
もう新芽が出ています
素晴らしい生命力です!
d0092963_17245047.jpg

それとハート型の葉っぱを発見♪
d0092963_186642.jpg

[PR]
by kazuey4 | 2009-07-13 16:44 | コーヒー豆知識

珈琲の味わいが甘い?

人気blogランキングへ
毎回ここを↑クリックしてね
引き続き、応援お願いします♪



 インドプランテーションペルーペルーサを飲んでいただくと
おわかりいただけるかと思うのですが
どちらの豆も深煎りですが
飲んだ時、最初に口の中で苦味が味わえます
そして珈琲が喉を通過した後に
また口の中に甘さが広がります。

 昨日、お客様が深煎りで苦めの珈琲を探していたので
何点か紹介して、インドプランテーションとペルーペルーサの
味わいを「苦いんですが後味が甘い、まろやかなんです」
と説明させていただいたのですが
ご理解いただけないようで首を傾げておられました。

 いつも思います
味わいの表現って難しいなぁ・・・
苦いと言っても苦さの度合いが人それぞれなので・・・

 結論は、いろんな種類を飲んでみて
お好きな味わいを探してみて下さい
きっと「これだ!」という味わいに出逢えます♪
なんですけど。

さてさて
[PR]
by kazuey4 | 2009-06-28 13:28 | コーヒー豆知識

小冊子

人気blogランキングへ
ここを↑クリックしてね 
いつもありがとうございます♪


全日本コーヒー協会が発行している小冊子(パンフレット)が送られて来ました
コーヒーを美味しく飲む方法や体へ作用する働き、コーヒーの歴史など
いろんなことが書いてあります☆
d0092963_15535239.jpg

お店に置いておくので、読んでみたい方はご覧下さい♪
[PR]
by kazuey4 | 2008-03-04 15:58 | コーヒー豆知識

コーヒーの計り方Ⅱ

人気blogランキングへ
ここを↑クリックしてね 
よろしくお願いします~♪


昨日の続きになりますが
皆さんは、コーヒー豆の種類はいつも同じですか?
いつも変わらず同じ種類のコーヒー豆を買っていかれる方よりも
今回は何にしようかなぁ?と楽しまれている方の方が多いです
でも、たまに疑問に思うのが深煎りで苦味のあるコクのあるタイプのコーヒーを買って行ったはずなのに、次回の感想を聞いた時に「思ったより苦くなくてスッキリしていた」と言われることがあります。
もしや、中煎りでマイルド系のコーヒーを計る時と深煎りで苦味のあるコーヒーを計る時
同じスプーンで同じ分量で計ってませんか???

これは中煎りでマイルド系の味わいのブレンドコーヒーです
豆でメジャースプーン1杯10gです
d0092963_15515555.jpg

それを挽いたものです
変わらず挽いてメジャースプーンすりきり1杯10gです
d0092963_15532410.jpg


しかし、深煎りで苦味系の味わいのコーヒーになると
豆でメジャースプーン1杯10gです(中煎りの豆より豆の数が多い)
d0092963_1555857.jpg


それを挽いてメジャースプーン1杯10gです(同じ10gなのにスプーン1杯が多め)
d0092963_15562267.jpg


この様に、一人分の分量の基本がメジャースプーン一杯10gと言っても
中煎りの豆や粉を計る場合と深煎りの豆や粉を計る場合では
見た目に量が違うことがわかりますのでこの点に気を付けて
分量を計ってみましょう

何故?中煎りと深煎りでは量が変わるのか?
よく、中煎りの豆を深煎りの豆の2種類を同時に買った時、袋の大きさが明らかに違っていることありませんか?家に帰って計った方はどちらも100g入っていて安心したことでしょう(笑)
頭が混乱しそうな方は読まない方がいいかもしれませんが
どうしても真相が知りたい方は「more」をクリックしてスッキリして下さい♪


 

More
[PR]
by kazuey4 | 2008-02-08 16:12 | コーヒー豆知識

コーヒーの計り方

人気blogランキングへ
ここを↑クリックしてね 
よろしくお願いします~♪ 
  

コーヒー豆をお店で挽いてもらって買ってきている方

↓コーヒーの粉を計るメジャースプーンです
これはカリタというメーカーのものでカリタ専用のスプーンです
それぞれメーカーによってメジャースプーンの大きさが違う場合があります
使う器具に合ったスプーンをお使い下さい
d0092963_16593429.jpg


あくまでも一人分を一回に作る時の分量すり切り1杯です
d0092963_1735564.jpg


こうしてドリッパーに粉をセットしたら、お湯を1杯分まで注ぎましょう
d0092963_17121719.jpg

これには1杯のところにマークがないので、2杯の半分と考えて
お湯を注ぎましょう!
d0092963_17143374.jpg

くれぐれも、大小さまざまな分量の入るマグカップやコーヒーカップに直接
注ぐのはやめましょう~正しい分量なのかがわかりません

一回にたくさんコーヒーを作る時
1杯作る時や2杯作る時は 粉の量を一人分メジャースプーン1杯と考えても良いのですが
まとめて3杯以上一回に作る時は 一人分のメジャースプーン1杯の分量を多少なめに計量しましょう
この時は一人分をメジャースプーンの7~8分目にしますのでお間違えなく!

また、上の計り方はあくまでも基本の分量ですので「お好み」に応じて少し多めにしたり
少なめにしたりはご自分で調節して下さい。

明日は 豆で買って行かれる方の計り方を説明しますね♪
[PR]
by kazuey4 | 2008-02-07 17:34 | コーヒー豆知識

昨日の続き~

人気blogランキングへ
ここを↑クリックしてね 
よろしくお願いします~♪ 
  


 今日は「焙煎」コーヒー豆を焼く時の度合いを説明しますね

当店では大きく分けて 中煎り・やや中深煎り・中深煎り・深煎りの4つに分けられます。
(厳密に言えばここからも枝分かれしているのですが・・・)

まず、焙煎=豆を焼く 前のこれが生豆の状態です
d0092963_1657379.jpg

このままでは、コーヒー豆のいい香りは全くないです。
しかし、グリーンでみずみずしい生豆であれば、焙煎した時いい香りがして
味わいも良いのです。
米で言えば、古米のような生豆をいくら上手に焙煎して、上手に淹れても美味しい珈琲にはなりません。

これが、中煎り程度(時間してあまり長くない焼き加減です)に焙煎した豆です
少し時間が経つと多少脂分が出てくる豆もありますが、全体的にはあまり脂分は多く出てきません。
d0092963_1725276.jpg


これは、深煎りに(時間にして中煎りよりは長く焼いています)焙煎したてのマンデリンです
d0092963_17124059.jpg


そして深煎りにしたマンデリンが 焙煎して2日目です
(ちょっとピンボケでしたがわかってもらえると思います)
d0092963_1715160.jpg

豆が持っている脂分が出てきました
日にちが経てば徐々に脂分が出てきます

こうして、中深煎り・深煎りの豆から脂分がにじみ出てくることは自然なことで
深く、コクがある味わいの珈琲豆になります
古い珈琲豆からも脂分が出てくることがありますが、古いか新しいかは
まず古いと、香りが酸化したすっぱい香りがします(酸味を楽しむフルーティな香りとは違います)そしてフィルターに粉をセットしてお湯を注いだ時に膨らみません
新しくて新鮮な珈琲は膨らみます
ここで、判断して下さい。

明日は定休日ですので、明後日は「豆で計るか粉で計るか?一人分は何グラム?」
のお話を予定しています~♪


 
[PR]
by kazuey4 | 2008-02-05 17:24 | コーヒー豆知識

ようやく~

人気blogランキングへ
ここを↑クリックしてね 
よろしくお願いします~♪
 


 やっと大嫌いなデスクワークから開放されました!
あ~肩凝った・・・(大切なお仕事なのですが・・・)
焙煎も終了したし
どれどれ、ちょっと気になっていたお話をしましょう

 2つあるのですが、長くなりそうなので今日、明日は1つ目から!

 私の場合はですが、専門的な分野のお仕事をされている方に質問をした時
専門的知識を専門用語を羅列して
ば~~~~~~~~って話されると
わからないから質問してるのに
そもそも、その用語すらわからないよ・・・
ってことになるので
専門的なお仕事をしている私どもは
なるべくわかりやすく説明するように心掛けております
でも、私より年上のお客様 また親よりも年上の年齢の方や
コーヒー暦が長く、それなりに勉強したという方もご来店するので
あまり初歩的なお話をするのも失礼な時もあります
その辺の見極めも難しいところであります
ところで、何故こんな前置きをしたかと言いますと
こんなことが続きまして・・・

当店に何度かご来店下さったお客様からお電話があり
コーヒー豆とコーヒー豆の袋の間に水分が付着しているというお話でした
そのお客様がお買い上げになったコーヒー豆は、やや深煎りの豆だったので
焙煎した当日やその次の日の早い時間ではそれ程脂分は出てきませんが
それ以降、日が経つにつれじんわり脂分が表面に出てきます
これが自然の流れなのですが
お客様は、同じ種類の豆を毎回買っていたが脂分が出ていなかったが
今回買ったものには付着しているので何故?というお話でした
きっと、買いにこられるタイミング 焙煎したて(翌日)が何回か続き
今回は、焙煎してから2,3日経っていたのでしょうね
飲んでも味わいに違いはなかったようなのですが
お客様には、コーヒー豆には湿気が大敵という知識があったので
「コーヒー豆の袋に水滴が入っているなんて」とお思いになったのでしょうね
このように、コーヒー豆に脂が付いているけれど大丈夫なのか?というような
ご質問をギフトを頂いた方から聞かれたというお話もありました。
そして昨日、他店で購入した豆にも水分の様な(正確には脂分)が付着していて疑問をお感じになって当店へ来られた方がおりました
あらためて、コーヒー豆を販売する側の説明やお客様とのお話(コミュニケーション)の大切さ
を感じました
コーヒー豆のことはもちろん、他にも淹れ方、保存の仕方などなど
美味しく飲んで欲しくて コーヒー講座なんかも行っておりますが
もっと、コーヒー豆の豆知識(親父ギャグっぽいですね・・・)
みたいなものを個々のお客様にも広めていく必要があるなぁっとつくづく思いました。

明日は、コーヒー豆の焙煎度合いの違いを写真付でお話しさせていただきますね!
[PR]
by kazuey4 | 2008-02-04 18:04 | コーヒー豆知識